素朴が好き。このみあんこの お散歩手帖

ちょっとそこまでから、お泊りまで。

雪の中、秋月へ。

自宅を出たときは、雪などほとんど降っていなかったのに。

基山から甘木に向かうにつれて、だんだんと雪の粒々の数が増えてきた。

しかも、真横に降っているぞ。

 

甘木駅に着いたけど、降りたくないほどの寒さ。

気合いを入れて降りると、次はバスで秋月へ。

窓の外は、ますます寒々した眺めになってきた。

 

そしてバスを降りると、そこは雪国だった。

 

f:id:chokoratsuki:20200227091133j:plain

 

f:id:chokoratsuki:20200227091127j:plain


同じ県内とは思えないほど、雪が降っている。
そして、積もっとーやん!

積雪2センチ?

 

なんかかわいいと思ったら、多肉植物の上に降り積もった雪。

f:id:chokoratsuki:20200227091122j:plain


杉の馬場通りを歩く。

暖かいお店を求めて。

 

f:id:chokoratsuki:20200227091138j:plain

しかし、閉まっているところが多い。

「春・秋営業」だって。

そうか…。
道理で、歩いている人に出会わないはずだ。

 

と思ったら、「にゃーん」という声が。

思わず私も「にゃーん」と答えると、

出てきた出てきた、頭に雪を乗せた猫さんが。

 

f:id:chokoratsuki:20200227091130j:plain

とっても人懐っこくて、すりすりしてくる。
そして、歩いている間ずっとついてくる。

 

エサやりに来ているという女性が、
「野良なんですけどね、人が大好きで」
と言う。

 

なるほど。
丸々しているし、毛もつやつや。
かわいがられているんだな。

寒さに震える散歩だけど、猫さんがついてくるのがかわいくて癒される。

 

途中出会ったおじちゃんから、

「この時期は秋月に来る人は誰もおらん」

と言われた。

 

…この時期に、来ちゃった。えへっ。

 

おじちゃんが教えてくれた居酒屋「大臣」で、お昼ごはん。
外も中もいかにも居酒屋な佇まいで、下戸の私には縁のない雰囲気と思ったけど。


あああ~、あったかい!
ストーブもエアコンもついてる!
かじかんだ手足がほぐれていく~。

ありがたい、ありがたい…。

 

たくさんあるメニューの中から、親子丼を選ぶ。550円。
出てきたのは、これ。

 

f:id:chokoratsuki:20200227091142j:plain

え~っ、味噌汁と浅漬け付き?
しかもおいしい!
今どき、これで550円なんて…ありがたい。

 

…と、満足していたら、なんと食後にコーヒーまで出てきた!

ありがたすぎる。

また行こう。


そして今回のおやつは、こちら。

 

f:id:chokoratsuki:20200227091209j:plain

西田菓子舗のおまんじゅうと、くずもち。
おまんじゅうは、1個50円。
こちらもびっくりなお値段。
しかもおいしい(親子丼と同じセリフ)。

 

帰るころには晴れてきて、自宅に近づくにつれてまったくもう雪の「ゆ」の字もないくらいにいい天気になっていた。

 

次は、気候のいいときに行きたい…人が多いだろうな(*´ω`*)