素朴が好き。このみあんこの お散歩手帖

ちょっとそこまでから、お泊りまで。

回顧録 大分県ひょうたん温泉と香りの博物館

f:id:chokoratsuki:20200326180644j:plain

 

4年前のちょうど今頃、娘の高校合格祝いに2人旅をしました。

 

どこに行きたいか聞くと、「温泉!別府!」ということで、鉄輪(かんなわ)にある「ひょうたん温泉」へ。

ここは、大浴場・露天風呂・瀧湯など変化に富んだ温泉を楽しめるだけでなく、食事のメニューも豊富なのです。

普段は穴場好きな私ですが、娘はこういうメジャーで遊べそうなところが良いだろうと思って選びました。

 

鉄輪温泉へは、別府駅からバスで30分ほど。

私たちが乗ったとき、乗客は外国の方が多かったですね。

10年ぐらい前は、まだそんなに「外国人ばっかり」とは思わなかったけどなあ。

ここ数年で急に増えた気がします。

とはいえ、コロナ騒ぎの現在では日本人も外国人も少ないでしょうけどね…。


さて、ひょうたん温泉に到着。

 

「源泉100%かけ流し」…って、何?と思ったのですが。

ひょうたん温泉独自の竹で作られた装置で、100℃近くある源泉を一気に適温まで冷ますそうです。
水を使ってないから「源泉100%」ってことですね。
そう考えるとなんだか贅沢✨

 

泉質は、弱酸性のナトリウム・塩化物泉。
美肌が期待できます( ̄ー ̄)ニヤリ

 

いろんなお風呂を楽しんでポカポカになったあとは、中庭でひと休み。
温泉成分入りのソフトクリームをいただきます。
温泉成分入り…だから何なのかは、わからないまま(体にいいの?)。
おいしかったからいいか(*´▽`*)

 

ひょうたん温泉にはアミューズメント的なイメージを持っていたので、まだ新しいと思っていたのですが…
創業は、なんと大正11年。
そんなに歴史が古かったのか~。
そして、ミシュランで温泉として日本唯一の三ツ星を獲得しているそうです☆☆☆ 

 

さて、「大分香りの博物館」へ。

香水コレクションや香りの歴史が展示されている博物館ですが、今回は「香水づくり体験」目当てで行きました。

 

人気のワークショップのようで、先生の説明も滑らか。

香水瓶になるさまざまな形のボトルとシールが並べられていて、その中から好きなものを選べます。

 

わ~、既に楽しい🎵

 

たくさん種類があったのに…

私と娘は好みが一致してしまって、まったく同じ組み合わせになってしまいました(≧▽≦)

 

香水は、トップノート・ミドルノート・エンドノートをそれぞれ1種類ずつ選んで調合します。

みんな真剣にくんくん匂いを嗅いでいました。

そしてここでも、私たち親子の香りの好みがほとんど一致💦

似たような香りの香水ができあがりました。


博物館の外にはハーブガーデンがあり、たくさんの種類の花やハーブが植えられていました。

この時はまだ寂しげでしたが、もう少し暖かい時期になると花も咲いて、華やかな香りが漂うんでしょうね(*´ω`) 

 

ということで、当時15歳の娘との旅でした。

子どもが小さいときには「連れて行く」緊張感があったけど、今は「一緒に行く」という楽しさ、安心感があります。

…むしろ、娘のほうがしっかりしてきたので、頼りになっていたりして(;´∀`)

なにはともあれ満喫してくれたようで、よかったよかった。

 

 

ひょうたん温泉

 大分県別府市大字鉄輪159−2

 

大分香りの博物館

大分県別府市北石垣48-1